[Stock]

 [Stock]

 大雪山国立公園は、面積は2267.64平方キロメートルと東京都よりも大きく、1934年に国立公園の指定を受けた日本一広い国立公園です。 山頂一帯は国立公園特別保護区、文化財保護法による天然保護区域となっています。 北海道の最高峰である旭岳(2,291m)を主峰とした北鎮岳・黒岳などの大雪山系や、現在も活動を続ける十勝岳・トムラウシ山などの山々が連なる山岳公園で、北海道の屋根と呼ばれます。
 これらの山岳は、2000m前後の高さですが、緯度が高いため、日本アルプスの3000m級に匹敵する高山環境を持ち、多彩な高山植物群落が見られます。
 山頂部には真夏でも大きな雪渓・雪田が残り、中腹部は、エゾマツ・トドマツを主体とした亜寒帯の針葉樹林、ダケカンバなどの天然林が広がります。
 こういった環境は氷河期の生き残りといわれるナキウサギや、ダイセツタカネヒカゲなど地域特有の高山蝶、ヒグマ・エゾシカなどの大型哺乳類、クマゲラ・シマフクロウなどの希少な鳥類の生息地となっています。
 また、山麓から湧き出る豊富な温泉が、旭岳、天人峡温泉郷を形成しています。

旭岳と姿見の池 [Stock]
ZOOM

旭岳と姿見の池

旭岳と姿見の池

 かつての姿見の池は、噴火口でした。そこに雪解け水や雨水がたまり現在の姿見の池になりました。風がなく晴天時には、エメラルドグリーンに輝く、姿見の池に旭岳が写り出され絶好の撮影スポットとなっています。

旭岳と鏡池 [Stock]
ZOOM

旭岳と鏡池

夫婦池(摺鉢池)

 夫婦池は旭岳に向って左側が鏡池、右側が摺鉢池と呼ばれています。いずれも姿見の池と同様に、旭岳噴火時の噴火口に水のたまったものです。

金庫岩から爆裂火口を望む [Stock]

金庫岩から爆裂火口を望む

旭岳の爆裂火口と金庫岩

 旭岳山頂付近には、噴火の跡を示す溶岩の層が何層にも見られます。登山道前方には金庫岩が見られます。

大雪山愛の鐘 [Stock]
ZOOM

大雪山愛の鐘

大雪山愛の鐘

 昭和37年12月末、学芸大学(現在の北海道教育大学)函館分校の山岳パーティーの遭難で死亡した10人の霊を慰めるとともに、遭難事故絶無の願いを込めて昭和38年9月に山仲間の手で建立されてから、二度の改修工事を行なってきました。
 平成18年7月には、全国からの募金などを基に、以前の青色から焦茶色に装いを変え、塔本体の高さを若干低くした改修工事が行われました。

裾合平と高山植物 [Stock]
ZOOM

裾合平と高山植物

裾合平と高山植物

 旭岳ロープウェイ姿見駅を下車して、裾合平・愛山渓方面へ約2時間程歩くと、チングルマ、エゾコザクラの大群落があなたを迎えてくれます。この規模は、日本有数でここでしか見ることができません。まさに天上の楽園です。

中岳温泉 [Stock]
ZOOM

中岳温泉

大雪山の秘湯。中岳温泉

 旭岳ロープウェイに乗って姿見の駅で下車後、徒歩で約2時間半。裾合平と呼ばれる高原を、旭岳を右手に見ながら、チングルマやエゾコザクラなどの高山植物が咲き誇る花畑の中を歩いていきます。途中の道は7月まで雪渓が残り、ぬかるみが続くので、万全の登山準備を忘れずに。

沼の平 [Stock]
ZOOM

沼の平

日本一早い紅葉

 大雪山の紅葉は、毎年9月中旬がピークとなり多くの観光客が訪れますが、朝早く出て紅葉街道をハイキングをしてみてはどうでしょうか?旭岳ロープウェイ下車後、裾合平~当麻乗越を経て行くこと3時間。そこは「沼の平」と呼ばれ、大小の沼や池塘が広がる高層湿原で、ウラジロナナカマドの赤と沼のコバルトブルーがベストマッチして、大雪山の中でも有数の撮影ポイントとなっています。


おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS

旭岳ビジターセンターブログ



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE