[Stock]

ササの花と天女ヶ原登山道 [2016/06/28]

曇時々晴れ 17℃ センター前(16時)

センター周辺の探勝路のお花開花情報を何度かご紹介していますが、
今日もお花が沢山咲いていました。

ノビネチドリ [afresh]
ZOOM

ノビネチドリ

ノビネチドリ(延根千鳥)高さ25~60cm
白色の花数が圧倒的に多い中のピンクは存在感がありますね。

オオカメノキ [afresh]
ZOOM

オオカメノキ

ミツバオウレン(三葉黄蓮)、ウコンウツギ(鬱金空木)、
オオカメノキ(大亀木)、ゴゼンタチバナ(御前橘)、
マイズルソウ(舞鶴草)、ツバメオモト(燕万年青)等など。

チシマザサ [afresh]
ZOOM

チシマザサ

そして、チシマザサ(千島笹)

花がついていました。
ササの花は数十年(60年)に一度咲くと言われていますが、
花が咲いて結実が終わると、枯死します。
とても地味な色をしていますが、ササの実は栄養価が高いそうで、
北海道開拓当時、、凶作で食べ物に困った年に、
ササの実を集めて食べたという話を聞いた事があります。
どんな味がするのでしょうか?
コマクサコースに咲いていたので、探してみて下さい。

さて、登山者の方からいただいた情報です。
1合目から天女ヶ原を通って姿見の池園地までの登山道は、
一部残雪でルートが判りにくい所があったり、
4合目~上の急斜面に雪が残っていて、滑落に注意が必要です。
自信のない方にはあまりお勧めできないルートです。
雪が融けるまでもうしばらく待った方が良さそうですね。

 恒例の縦走登山会 /姿見は花盛りの時期に  [2016/06/25]

 [afresh]
ZOOM


 例年、6月の最終週末に行われる大雪山山開き縦走登山会(東川町など主催)が行われました。

 あいにくの天気でしたが、昨日の強風はおさまり、早朝の姿見園地を抜け、旭岳に向かいます。

 [afresh]
ZOOM



(ここから先は登山や縦走ではなく、姿見周遊の軽ハイキングコース<姿見園地>の話です。)

 第4展望台から姿見の池の間には、ジムカデの大きな群落があり、開花のピークです。
 

 [afresh]
ZOOM



 このミネズオウは第4展望台の近くで見られました。
一般に、ミネズオウはもうすこし早い時期に咲くものが多いですが、イイ感じのピンク。こんな形のチョコレート菓子がありましたね...

 姿見駅と姿見池の中間辺りの湿っぽい草地では、かなりの数のエゾコザクラが咲いてきています。

 駅に近い部分など、道にまだ雪が残る箇所もありますが、姿見の花の盛期を迎えようとしています。
 天気がイマイチで遠くが見えなくても、下界では珍しい高山植物の花が楽しめ、ロープウェイで「上の駅」(姿見駅)に行くかいあり、と思います。

 



 ミネカエデも径1cmちょっとのジミな花をつけてきました。
木で工作した時計のようなちょっとひょうきんな姿に思えます。

 天女ヶ原にヒグマの足あと  [2016/06/21]

 [Stock]
ZOOM



 6/21とその2日前に、(上の)姿見駅と(下の)山麓駅の中間部と下部で、ロープウェイから下を通過している足跡が目視されています。

 天女ヶ原湿原登山道は、ロープウェイの架線と交差していませんが、ヒグマにとっては、「すぐそば」です。

 この登山道(姿見-旭岳温泉)は上部に残雪多くキチンとナビゲーション出来ないと(特に下りで)迷い易く、中間部はなかばヤブコギと道上の流水に悩まされます。
 ヒグマの痕跡や目撃、遭遇の情報も、裾合平とともに大変多い場所ですので、充分な注意が必要です。

 

 

裾合平など登山道情報 (夏季不定期刊 ビジターセンター便り 2016年6月19日 [2016/06/19]

 [afresh]
ZOOM


 裾合平 迷いやすい  [2016/06/19]

 [Stock]
ZOOM



 裾合平は、雪原に筋状にかん木が立ち始め、例年この時期、迷って遭難する人の多い時期の様相になっています。
 日々、10cm程度融けていますから、来月になれば道もだいぶ判りやすくなるはずです(とはいえ、やはり地図・コンパスなどで道迷いを自分で防げなければなりません。)

 今日は夕方になって視界が20m程度まで落ちましたが、日中は山頂も見えていました。こんなときは、ふみ跡や雪渓の間に現れた登山道の刈り開きも簡単に見つけられたでしょう。しかし、雨や日射で足跡は簡単に消えてしまいます。またヤブが埋まっていた時についていた足跡をたどってヤブこぎを始めてすっかり迷ってしまう人もいます。

 ナビゲーションに自信の無い人は、無暗に立ち入らないことを勧めます。
迷った場合に、引き返せるような時間・体力・技術に余裕があるかどうか考えておければ、迷い事故はずいぶん減らせます。

 高山植物園、いまイイと思います。  [2016/06/13]

 [afresh]
ZOOM

 ロープウェイの下の駅の後ろの湿地は、リュウキンカの黄色は下り坂に入っていますが、木道沿いに小さな花がいろいろ見られます。6/8に紹介したエゾワサビや、草の姿はアブラナ系のそっくりさんで、花の径が半分くらいのオオバタネツケバナも沢山咲いています。

<先週間違って「ミヤマタネツケバナ」という情報を出したしまいましたが、高山帯の花で、まだまだ先です。高山植物園を含め旭岳温泉では見られません。>
 

 [afresh]
ZOOM



 夏山到来を告げる?ウコンウツギが咲きだし
 

 [afresh]
ZOOM



 直径1cm位の小さい花ですが、真っ白な花弁のようなガク片と、オレンジ色の(オシベのような)花弁、噴水のように?広がるオシベがなかなかな、ミツバオウレンも群落を作り、

 [afresh]
ZOOM

 赤紫のムラサキヤシオも全盛。

 ムラサキヤシオの筆型のツボミはたいてい、同時ではなく時間を置いて開きます。そのほうがうまく受粉できる確率が高いのではないでしょうか?

 同時に開いているようにみえる下の画像でも、右の花のほうがメシベの軸など色あせ、左の方が若々しくパリッとしています。 

 [afresh]
ZOOM



 花が終わると、メシベに沿って傘のような花冠がスルリと脱落します。

これは何か理由があるのでしょうか...「面白いから」と答えが返ってきそうな気がします。

 [afresh]
ZOOM



 ミネカエデも径1cmちょっとのジミな花をつけてきました。
木で工作した時計のようなちょっとひょうきんな姿に思えます。

 [Stock]

 [Stock]
ZOOM

年に一度の訓練

今日は、山開き前恒例の消防訓練と道路清掃が行われました。地元の消防署・大雪東消防署さん、旭岳温泉街のホテルやロープウェイスタッフ、役場、観光協会、環境省東川事務所さんとで毎年この時期に行っております。
今夏もその出動がないことを願っています。

 8/27(土)-28(日)十勝岳温泉登山口の登山や車の制限  [2016/06/08]

 [afresh]
ZOOM



 第3回かみふらの十勝岳ヒルクライム大会実施のため、十勝岳温泉登山口からの登山や、この登山口への道路や駐車場に制限が掛かります。

 28日の登山禁止と、27日午後3時~28日午後1時の十勝岳温泉登山口の駐車場使用禁止、28日午前のバス運休などが登山者に影響する部分と思われますが、詳しくはコチラをご覧ください。

 明日9日は天気が非常に不安定  [2016/06/08]



 天気予報は、突風や雷、激しい雨への警戒を呼び掛けています。
登山は避けるべき、という予報です。

 散策や観光、釣りなどの方も、ご注意ください。

 サクラ、咲(いちゃいました)。  [2016/06/08]

 [afresh]
ZOOM



 駅前駐車場のチシマザクラ植栽地を昨朝見たときは、まだ数日?と思いましたが、今朝見たら、1、2?、いやいやあっちの木にも..、と10輪以上。

 今日中に20輪以上開きそうな勢いです。

 まだツボミも目立たない樹が多いので、今週末から来週も楽しめそうです。

 [afresh]
ZOOM



 旭岳温泉の森のなか、自然探勝路沿いなどでは、エゾイチゲの群落が目立ちます。
キンポウゲ科のこの草は、葉がキレイな正三角形の形に開くのが特徴です。花びらのような白いのはガク片ですが、ガク片の枚数は6枚が多いが5枚や7枚もあり、とやや「適当」です。
 

 [afresh]
ZOOM



 センターの建物周りに群落を作っているニリンソウもキンポウゲの仲間で、花も似ています。
 こちらは春菊に似たヒダの多い葉なのでいまま気づきませんでしたが、良く見れば△ですね。

 (ニリンソウは、センターの周りなど以外ではあまり見ないので、もっと低い所から砂利などとともに持って来れられたのかもしれません。)

 [afresh]
ZOOM


 湿地のミズバショウ・リュウキンカの開花が峠を越えつつある一方、エゾワサビやオオバタネツケバナなどが見られるようになりました。

 また、自然探勝路沿いの乾いたところで、ポツポツとコミヤマカタバミが咲いてきました。こちらはあまり群生しません。図鑑では花びらの内側の赤い筋が濃いのですが、このあたりのはあまり赤が目立たないような気がします。

back2016年06月next
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE