[Stock]

ビジターセンター便り 2016年5月25日号 [2016/05/25]

 [Stock]
ZOOM



旭岳ビジターセンターだより5/25号です。

今号を持ちまして11月まで不定期の山・自然情報に替ります。

 高山植物園、雪どけ進行中  [2016/05/23]

 [afresh]
ZOOM



 センターの近くの高山植物園は、まだ雪がかなり残っていますが、早く融けた部分をよく探すと、ショウジョウバカマとキバナシャクナゲが数輪開花してきたようです。

 

 [afresh]
ZOOM



 その近くの沼のミズバショウ・リュウキンカはまさにピーク。

 これからミズバショウがその名にふさわしく、葉をどんどん大きくし、ガマの剣型の葉が伸びてきます。

 クレソンに似た、アブラナの仲間の葉がはびこってきました。もうすぐ白い花をたくさん咲かせるでしょう。

 

今朝の忠別湖の逆さ旭と、天人峡 三十三曲り(滝見台への道)の今日 [2016/05/22]

 [afresh]
ZOOM




 ごく弱い風がちりめん皺をかすかに寄せましたが、シマウマ模様の黒筋が勝ってきた旭岳が、ドンと上下対象に。

 [afresh]
ZOOM




 天人峡の羽衣滝を歩いて見に行く方法は、対岸の滝見台に上がるしかありませんが、これまで残雪でなかなか困難でした。


 滝見台は、右図のように、天人峡から化雲岳へ向けて登る途中にあります。

 [afresh]
ZOOM

 雪はだいぶ融けてきましたが、先月下旬の暴風のつめ跡か、急坂の上部では大木がバタバタと...。乗り越えたり、かき分けたり、くぐったりしなければなりません。急坂が終わると、残雪が続きます。

 通り抜けるのに夢中で転倒したり、道に迷ったりしないよう、ご注意ください。滝見台まで往復2時間弱ということになっていますが、履物や水をはじめとした軽登山の装備はしっかりしていったほうが良い場所です。
 

 [afresh]
ZOOM



 滝見台からは雪融けでボリュームアップした羽衣の滝と、旭岳が良く見えました。

 敷島の滝も木々の間から見えますが、草木に隠れ気味です。その奥の砂防ダムがドウドウと吐き出す水と間違えることも多いようです。

 [afresh]
ZOOM


滝見台への道沿い下部では、ニリンソウがたくさん咲いています。

ニリンソウが少なくなると、ぽつんぽつんと、ヒメイチゲやコミヤマカタバミ、ツバメオモトなど、純白の花が現れます。

散策日和 [2016/05/22]

 [Stock]
ZOOM

エゾノリュウキンカ群落が見頃

昨日もお伝えしましたが、勇駒別湿原には
休日という事もあり、ご家族連れなど多くいらっしゃっておりました。
途中まだ雪も残っておりますが、
素晴らしい風景が広がっておりますので、
是非お越しください。
見頃は今月いっぱいくらいまでは続くと思われます。
長靴が必要な場合は、
ビジターセンターにて200円で貸出しております。

勇駒別湿原のチシマザクラ [2016/05/21]

チシマザクラ [afresh]
ZOOM

チシマザクラ

晴れ センター前 19℃(17時)

今日は気温がセンター前で22℃まで上がり、雪融けが進みました。
そして、この陽気でついに今年も開花しました!
勇駒別湿原探勝路の木道脇のチシマザクラ。

ミズバショウとエゾノリュウキンカ [afresh]
ZOOM

ミズバショウとエゾノリュウキンカ

日本一遅く開花すると言われる旭岳温泉のチシマザクラが、
数個でしたが開花していました。
明日もお天気が良さそうなので、さらに花数が増えると思います。
また、湿原のエゾノリュウキンカやミズバショウも見事な大群落を作っています。

木道は一部雪の下(踏み抜き注意) [afresh]
ZOOM

木道は一部雪の下(踏み抜き注意)

ただ、この時期は木道周辺の踏み抜きや滑りやすい場所などありますので、
ビジターセンターで情報を聞いてからお出かけする事をお勧めします。
(開館9:00~17:00)

また、明日はスタッフが自然解説をしながら、探勝路などを案内する「しぜんあんない」を行いますので、お時間のある方は是非ご参加ください。

【時 間】13:30~(30分~1時間)
【場 所】旭岳温泉周辺
【参加費】300円

 クロカンコース 雪はまもなく..  [2016/05/19]

 [Stock]
ZOOM



 例年一番早く途切れる、野営場と養魚場跡との分岐手前辺りは、だいぶアスファルトが黒々のぞいてきました。

 野営場はまだ15cm以上の雪がありますが、この天気が続くようですから、週末にはだいぶ地表が現れるのではないでしょうか。

 

勇駒別植物園のそば / 姿見・裾合平の開花は?  [2016/05/18]

 [afresh]
ZOOM

 駅裏湿地のミズバショウ・リュウキンカの湿性花園にむかう木道は、だいぶ融雪が進みましたが、今日もまだ思いがけないところに穴が空いて踏み抜いた人もいるようです。高さがある場所などでは、特に充分ご注意ください。
 こちらの湿地は広くフラットなのが魅力ですが、平たい分、雪が融けて泥から芽が出て花が咲くまでタイムラグがあります。

 まだほとんど一面、雪で覆われている勇駒別植物園の脇にある小さな沼の場合は、地形が急に落ち込んでいる分、雪の上の足場から花までの距離が近い感じがします。もちろんこちらも雪が急に崩れたりすることも想定の上、慎重に歩く場所を選んでください。(宿「アートビレッジ杜季」の前を通ってすぐ、画像で「杜季沼」としてあるほうの沼です。)


 

 [afresh]
ZOOM



 その近くの乾いた場所では、ちいさなツツジの仲間がまさに開いたところ(オオバスノキ?)。


---(ここから先は、画像と無関係の、7月の花の話です)---
・今年の5月初めは昨年より雪が多いようでしたが、強い風雨や、好天高温で急速に融雪が進んでおり、夏の開花ピークを明言することはできません。

・例年、「姿見周辺周遊コース」の、チングルマなどの開花ピークは7月上中旬、
・登山道を往復5-6時間歩く必要のある「裾合平」はそれより10日-2週間遅れる7月中下旬にピーク、と皆さん計画されます。
 初めての方や、迷いのある方はまずはその辺で日程を調整されてはいかがでしょうか...

 

 

姿見のようす [2016/05/15]

 [afresh]
ZOOM






 姿見池と鏡池(夫婦池の一方)は、まだ雪の窪地にすぎませんが、夫婦池のもう一方のすり鉢池のほうは、水が溜まりはじめています。

 周りの融け具合など、昨年と似たような感じですね。

  (←)

 [afresh]
ZOOM

    (↑)
 姿見1周のコースは、まだほとんど雪におおわれています。夏場コース脇に張るロープ用の鉄杭が並んでみえてきたところもありますが、初めての方には、夏用マップを見ても全く判らない状態です。
 小高い展望台(第一~第五、と姿見展望台)付近だけ雪が無く、ベンチや地面がのぞき、ガンコウランが極めて地味な花を開いています。
 また、展望台の近くや、ハイマツや岩のまわりなどは、かなり踏み抜きやすくなっています。
 
 月末には例年通り自然保護監視員の活動が始まり、コースも判りやすくなってくるでしょうが、それまでのこの時期は、天候・視界の急変に特にご注意ください

 [afresh]
ZOOM



 姿見の石室はこの冬、下の出入り口を封鎖し、2階の窓のひとつからのみ出入りできるようになっています。下のドアが開けられるのは、早くて今月末ぐらいでしょう。

 ガイドのさとうさんがお客さんと山頂から下ってきました。
"9合目の下の岩場のところに着いた氷は、火山灰に覆われて一見滑らなそうだったが、滑りやすくアイゼンを履いていてよかった。昨年同時期に来た時も、下りで転んで膝を傷めている人がいた。"とのお話し。
 山頂への道は雪融けが進んで、半分くらい地面が出ているようにも見えますが、そういうこともあります。ご注意を。

 [afresh]
ZOOM



 石室(いしむろ)の1階には2-3cmの水が溜まっていました。この水はおそらく外から流れ込んだのではありません。

 下の画像のように冬は高山帯の強風が毛筋ほどのすき間も逃さず、石室に雪を吹き込みます。
(一般住宅も屋根のてっぺん近くに排気口がありますが、そこから雪が吹き込むことはめったにありません<よね?!>。 しかし、真冬の石室では排気口の真下に雪が真っ白な円錐形に積もっていることが良くあります。)
 
 雪が融けきった夏、このコンクリートの床はたいていカラカラに乾いています。

ビジターセンター便り 2016年5月15日号 [2016/05/15]

 [Stock]
ZOOM


 旭岳スキーコース営業終了  [2016/05/15]

 [Stock]
ZOOM



 姿見駅と旭岳温泉を結ぶ「旭岳スキーコース」は15日曜で終了し、旭岳ロープウェイは5/16(月)から夏山の営業に替ります。スキーやスノーボードがゴンドラに持ち込めなくなりました。

 人気の少ない午後遅くのCコースで、コースポールや標識の回収が進んでいます。

 

back2016年05月next
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE