[Stock]

植物園 秋の花に [2016/07/27]

 [Stock]
ZOOM

 センター近くの高山植物園も、チングルマは綿毛を伸ばし、エゾノツガザクラはレンガ色の実に変わり、(ミヤマ)アキノキリンソウが目立っています。

 こちらは、タカネトウウチソウ。特殊なブラシのような形をしています。葉がワレモコウをそっくりで、バラの仲間と判ります。

 

 [Stock]
ZOOM
 [Stock]
ZOOM

赤とんぼ 飛び始めました [2016/07/24]

 [Stock]
ZOOM

 数日前、赤とんぼが飛び始めているのに気づきました。

 これはノシメトンボです。

 まだ、孵化してすぐなので黄色っぽいですが、下界よりは涼しいこの辺で過ごしています。その間に唐辛子色に変わり、下界の温度が下がってくると、大挙して下りていきます。

 まだ赤とんぼの数は少なく、蚊が目立ちますが、赤とんぼの増加とともに蚊もぐっと減っていきます。

 姿見の花 ピーク  [2016/07/22]

 [afresh]
ZOOM


  
 姿見の花のたいへん良い時期です。

 またこの夏は、永井 岳さんという強力な助っ人もビジターセンターに来てくれています。名前のとおり、山経験も豊富、山仲間も多いので、登山の方の相談にはいまベストの相談相手かもしれません。

(クラブ活動の予備調査として、縦走経路を細かく区切って情報を求める電話がこの時期大変多くなりますが、問合せの大変多い時期でもあり、できるだけ要点絞っての問合せをお願いします。)



 

 [afresh]
ZOOM


ときどき、エゾシマリスの無心な姿も見られ、驚かせたくない皆さん押し殺した歓声^^が上がります。
 

 [afresh]
ZOOM

 
姿見のコマクサもベストシーズンです。黄色いメアカンキンバイとともに荒れ地に強い植物。

 ここのコマクサには、ちょっと特別な歴史があります。
 

 裾合平方面情報  [2016/07/20]

 [Stock]
ZOOM


  
(以下の情報と画像は、大雪山倶楽部の愛澤代表から頂きました。)

 裾合平(裾合分岐と中岳温泉の中間部)のチングルマ中心の花畑は全盛期を迎えています。

 [Stock]
ZOOM


裾合分岐の手前(姿見から向かった場合)はまだこんなに雪が残っています。この辺りの花は7月末や来月初旬でも楽しめそうです。(しかし、一般に裾合平のチングルマ畑として知られているのは、上段の記事のように分岐と中岳温泉の間です。)

 
 

 [afresh]
ZOOM


画像の位置関係はおおよそこんなところです。

 ピウケナイ 増水 渡渉困難 [2016/07/15]


7/14に"北海道山岳整備"の登山道巡視を行った高木サンからの情報です。)

 ピウケナイ川はスノーブリッジが落ちて、水量も多く、渡渉困難だったとのことです。こちら方面を通過予定の方は、ご注意ください。(リンク

※※やや多めで飛び石や登山靴履いたままの渡渉はやや難しいが、靴脱ぎでの渡渉(または深型の長靴)や、場所を選んで遠目の飛び石を頑張れば、渡れないこともない、という地元の意見もあります。※※

 同じ日の裾合情報はこちらをご覧ください。

 裾合平方面情報  [2016/07/13]

 [afresh]
ZOOM


  
(以下の情報と画像は、東川エコツーリズム推進協議会の山下サンから頂きました。)

 裾合平の雪融けは進み、開花がひろがっていますが、まだピークには至らず、1週間くらい先ではないか、とのことです。

 こちらは姿見から歩いてきて、裾合平まであと6-7分のところから旭岳をみたところ。足元がまだ"癒着"ぎみですが、白鳥の雪渓が見えています。(D)

 [afresh]
ZOOM


裾合分岐から中岳温泉に向かう途中の草原は、チングルマはつぼみ。青々とした葉が中心です。
 

 [afresh]
ZOOM


しかしごく一部では木道と直交するように左右の山並みに向けてキバナシャクナゲやチングルマの開花の帯が広がっています。
 

 [afresh]
ZOOM

 
雪が融けてぐじゅぐじゅのところも短いながら、あります。
 

 [Stock]
ZOOM


画像の位置関係はおおよそこんなところです。

 ワサビ沼方面  [2016/07/13]

 [afresh]
ZOOM


  
(以下の情報と画像は、町おこし協力隊の小沼さんから頂きました。)

 この時期、ヤブ蚊対策必須の湿原探勝路ワサビ沼・カモ沼ですが、ワタスゲの穂や、ツマトリソウ・ゴゼンタチバナなどの花が咲いています。

 人が少なく池塘が点在するのはヒグマにとって暮らしやすいようで、毎年コース上に足跡やフンがあります。周辺を徘徊するのでしょう。

 フンのあった位置は黄黒の×点の辺りです。

 [afresh]
ZOOM



 4-5日以上前で雨に当たっているようですが、このような植物の粗い断片が目立つのはヒグマの特徴です。
 

 [afresh]
ZOOM


ワタスゲの群落が白い穂を伸ばしてきました。
 

 [afresh]
ZOOM

 

 ツマトリソウとゴゼンタチバナ。

 左のツマトリソウは湿っぽい草地で良く見かけます。
ゴゼンタチバナ(右)は、それより水気の少ない土壌を好みます。

夏恒例 スライドショー 7/15~ [2016/07/13]

 [afresh]
ZOOM

 縦走路 残雪多し  [2016/07/12]

 [Stock]
ZOOM


  
(以下の情報と画像は、山岳ガイド「大雪山倶楽部」愛澤代表から頂きました。)

山慣れた健脚の皆さんに人気の高い「黒岳-旭岳」縦走路ですが、


北鎮分岐下の傾斜のある雪渓や(←)

 [Stock]
ZOOM



 裏旭野営指定地から旭岳山頂への雪渓(→)は、

7月中旬としてはかなり大きく残っており、相応の注意が必要です。
 
北鎮の雪渓は特に下部の傾斜が強く、滑落の方向によっては下が岩場となり、
注意が必要です。この時期は雪渓の通過に自信がない人は雪渓を「登り」で通るようにする方が滑落のリスクを減らせます。

 [Stock]
ZOOM



 裏旭の雪渓を登る人々です。


よく来ている人にはお判りでしょうが、非常に残雪多い。

 

 勇駒別高山植物園 エゾゼンテイカ咲いています  [2016/07/10]

 [afresh]
ZOOM


 センターから歩いて数分のちいさな高山植物園では、エゾゼンテイカが咲いています。

 [afresh]
ZOOM



 エゾツツジも少々...

(白いコデマリのような「イソツツジ」のほうが、かつてはエゾツツジだったという話があります。エゾをローマ字で書いた"yezo"が「イソ」になってしまったそうですが、いまはピンクのツツジらしい花のちいさい樹がエゾツツジとしてすっかり定着しています。)

 [afresh]
ZOOM



 イブキトラノオも道沿いに。
 

 

back2016年07月next
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

おすすめコンテンツ

旭岳周辺観光のご案内

天人峡周辺観光のご案内

アクセスマップ

上水道普及率0%の町 大雪旭岳源水のご案内

写真の町 東川町のLIVE CAMERAS



おすすめサイト

東川町

森カフェ

みちくさのススメ

思い出に残る体験をしませんか?ひがしかわDE感動体験


ようこそ東川 MOBILE SITE